お墓参り

3月24日

夫とお墓参りに行ってきました。

昨年はお彼岸に桜が咲いていませんでしたが、今年は冬の寒さが厳しかったにもかかわらず、春の目覚めが良かったのか、、、見事な枝垂桜です。
ソメイヨシノは蕾が膨らんできてはいますが、、、まだ

DSCN8976.jpg

DSCN8975.jpg

DSCN8977.jpg

DSCN8978.jpg

あっちから
DSCN8980.jpg

こっちから
DSCN8973.jpg
スポンサーサイト

休暇で思ったこと

3月6日

今回の休暇から学んだこと感じたこと

10日やそこらの入院ではお見舞いは必要なし

私の場合天から与えられた休暇ととらえ読みたい雑誌や本を持って行きました。
パソコンが使えなくて 世の中から置いてきぼりにされそう と思ったこと。

嬉しかったこと
毎日祈っているよ とか メールや電話で 頑張ってね とか声掛けしてくださることが一番の励ましでした。

そして入院の事を知らせていない友からブログが止まっているけどどうかしたの?と電話があったことも大変うれしく思いました。

昨年も夫の体調が悪くてブログが1年ほど停まったことがありましたが、その時開田の友人からどうかされましたか?と絵手紙を頂戴しました。気にかけてくれる他人がいる と思うだけで心強く昨年は絵手紙を見て涙しました。
人って相手に気持ちが通じることが大切なのですね。物でもお金でもありません。

相手に気持ちを伝えるには思っているだけでは伝わりません。どうしたの?の一言

今日はほぼ平常通りにもどりました。

一週間の休暇

3月5日

西王母

2月26日から3月4日まで一週間入院し手術を受けてきました。

昨年11月中旬に体の異変に気が付き受診。
年齢的に何時何が起きるのか、、、、と心の準備をしていましたが、、、。
私自身は、愈々自分の番が来たのだとすんなり受け止めることが出来ました。

いちばんダメージを受けたのが、、、夫でした。
私は家族からいつも不死身で踏まれても、押されてもすぐ立ち直る、、、と思われていましたので、
ですから、自分の事より家族(夫)を心配しました。
血液検査等で悪いものではないと確信しましたのでまず夫を安心させ、、

腹腔鏡手術を受けるために手術までに一か月一キロ減  を目標  4キロ減量成功
でも 見た目はさして変わりませんが、、、
そして挿管するために歯の治療

手術当日は水分を飲んで良い3時間前までに、飲んで飲んで、、
術後看護婦さんから年寄りでこれだけ尿の出る人も少ないと、、云われました。
酸素マスクが外れたら直ぐ娘たちに電話して父親に毎日声掛けを頼みました。
点滴が外れてからは院内を歩き回り、売店まで新聞を買いに行ったり、エレベーターを使わず階段で筋肉を落とさないように動き回りました。
そして昨日無事退院
昼食は病院食では本当に病人になってしまいそうだったので、土曜のうなぎの日にハヤテのママからいただくうなぎ屋さんへ直行

と云うようなわけで元気で休暇を過ごしてまいりました。

本宮の湯

2月10日

先日、2月4日の日曜日中学校の同級生からお誘いがあり近郊にいる同級生二人にも声をかけ、私の夫も混ぜてもらい夫の運転で本宮の湯へ行ってきました。

DSCN8916.jpg
本宮の湯はこじんまりした天然温泉で露天風呂がとてもきもちよかったです。
その日は特別風の強い日で温泉で火照った顔に吹き付ける風が心地よく、、、。

誘ってくれた同級生はその寒い中浜名湖に舟を出し牡蠣を採りに行ってくれたのです。
彼とはお昼ごろ、温泉で落ち合い昼食を共にし同級生同士、話に花を咲かせ、、、
その間、夫は2回目の温泉に浸かり、、、。

話に夢中になり画像がありませんが温泉の外に野菜の特売所があり、白菜、ブロッコリー、トマト等地元野菜が沢山あり、なかでもトマトの味は抜群でした。
今スーパーで売られているトマトは水耕栽培のものが多いようですが、買ってきたトマトはハウスの路地もののようです。
味が濃厚でした。
牡蠣を採ってきた友人宅に伺う前に

砥鹿神社参拝
DSCN8918.jpg

日本一のさざれ石
DSCN8921.jpg

君が代にもうたわれている 日本一のさざれ石 を拝見

そして友人宅にお邪魔して牡蠣をそれぞれ沢山いただき、、、
剥き牡蠣も、友人の奥様と娘さんとで剥いてくださいましたので、私は自宅に帰った後、早速カキフライと 、ほうれん草とカキのクリーム煮で頂くことが出来ました。
同行した友人たちも感謝していました。

この寒い中、舟を出し牡蠣を採って、その牡蠣を剥いて、、、苦労を知る者としては、、、ありがたく頂戴いたしました。

春を見付けた

2月3日

先日、知多半島の岩屋寺で春をみつけました。

DSCN8892.jpg
道端の土手や岩屋寺の境内にも水仙が咲き

岩屋寺の500羅漢の脇には
DSCN8891.jpg
このようにスミレがあちこちに咲いていました。
そういえば今日は節分ですね。


岩屋寺の500羅漢
DSCN8885.jpg

DSCN8884.jpg

DSCN8883.jpg

DSCN8890.jpg


岩屋寺で217年前に建てられた経蔵(5463のお経を収蔵)のまにぐるまを拝見
DSCN8896.jpg

この巨大な建造物が人の手で動いて回るのです。
建物の中に私たちも入れていただき、この建造物と共に一周いたしました。
真ん中の車軸だけで支えられているだけで、、、。

昔の人の技術に驚きです。
プロフィール

恵美ちゃんばーちゃん

Author:恵美ちゃんばーちゃん
2010年より3人の娘と5人の孫達にこのブログから母、祖夫母の物の観方、捉え方、生き方、味を感じてくれたら、、、と
何時の日か見て、感じてほしいと書いています。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR