ホワイトデー

3月16日

バレンタインデーに届いたチョコレート
DSCN8941.jpg

DSCN8944.jpg

DSCN8946.jpg


本命チョコは
DSCN8952.jpg

ホワイトデーのお返しは、、、、、スコーンです。
DSCN0430[1]_convert_20180316215325
スコーンの型抜きが私の入院中に歩いてどこかに行ってしまい、、、仕方なく、苦肉の策として、、、、四角のスコーンと相成りました。
お味のほうは、、、スコーンの味でした。
スコーンて、ものすごくカロリーがあるんです。
ダイエット中の私には目の毒。
スポンサーサイト

自然薯続き

1月17日

昨日、画像が入らなくて(容量オーバー?)で文章のみ、、、。

と、いうことで 続きを

解体した自然薯
DSCN8811.jpg

ひげ根をコンロで焼きます
DSCN8816.jpg

本来ならばこのようなすり鉢で芋をするのですが
DSCN8812.jpg

ちょっと横着をして
DSCN8820.jpg
きめの細かいおろし器ですり

後はミキサーで、、、。
DSCN8821.jpg
濃いだし汁の熱々を糸を引くように回しかけ、、、     一気にブワ~ンと 時短料理です。
私の台所には
ミキサーとフードプロセッサーは常に台所にお出ましで、玉ねぎのミジン切り、スムージーと毎日活躍しています。

本来ならば、誰か一人すり鉢を押さえてもらって丁寧にすりますが一人で調理となりますと、、、こんな具合です。

すり鉢ですった自然薯のとろろを食べたのは、、いつ頃?

本物の味を伝えたいです。

自然薯の食べ方

1月16日

またまた  自然薯?をいただきました。
大きな自然薯です。
DSCN8799.jpg
画面手前が地面、上が地上部の茎です。
地面の下に、下にと伸びるはずが地面が硬く伸びられなくてタコ足状態に育ったようです。

かなり岩盤の硬い肥料分の無い場所に植わっていたものと思われます。
分岐したところには小石が挟まり洗うのに一苦労です。
土も赤土です。
DSCN8800.jpg

洗って育っていた状態においてみる。
DSCN8807.jpg

まだ小石がへばりついています。
DSCN8804.jpg

一つ一つ各分岐部ごとに解体します。

自然薯はひげ根があり、皮をむくと食べるところがありませんので
まず、ひげ根をガスコンロで焼きます

ひげ根がなくなったものをすり鉢ですりおろし、濃いめのだし汁で伸ばしていただきます。

鏡開き

1月11日

今日は鏡開きの日です。
家で搗いた鏡餅は搗きたてと違い硬くて包丁がはいりません。
そこで、お餅を水に浸してから、様子を見ながら電子レンジにかけます。
そうしてから取り出し包丁を入れますと簡単に切れます。

30日に搗いた鏡餅
DSCN8751.jpg

水に浸して少し電子レンジをかけた鏡餅
DSCN8795.jpg



ぜんざいように切り分け早速ぜんざいでいただきました。




稚鮎

1月5日

12月、浜名湖へ行ったとき、稚鮎の干物を引佐物産でかってきました。

DSCN8746.jpg


ハゼの代わりに、これで甘露煮を、、、。と、いう夫の所望で煮てみました。
まず、干物の稚鮎を水に戻しコトコトと火を入れ、、、、。

水煮にしたアユは何ともたとえようもない臭いです。
換気扇を回して味見をしてみました。

まあー苦いこと! 苦いこと!

これでは食べられないと全部その煮汁を捨てました。

新たに醤油、水、みりん、を入れてコトコトと、、、。
そして冷凍庫の中に山椒の実があることを思い出し、、さんしょの実も入れて弱火で更にコトコトと、、、。

出来上がりは、、、

DSCN8784.jpg
上々の出来上がり~

大人にはとても好評でした。
あの臭いを知ってしまった私は、、、。
一匹いただきました。
プロフィール

恵美ちゃんばーちゃん

Author:恵美ちゃんばーちゃん
2010年より3人の娘と5人の孫達にこのブログから母、祖夫母の物の観方、捉え方、生き方、味を感じてくれたら、、、と
何時の日か見て、感じてほしいと書いています。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR