桑の実終了

6月30日

夫が久し振りに畑に。
今日は豊後梅の収穫。ほとんど落ちてしまいお酢用に2キロ。
一昨日スモモ、メスレーが2個ほど、色みはじめたようでしたので、未熟なスモモが好きなケイコさんが初収穫に来られましたがその割りに熟してはいません。少し収穫。
本格的には来週あたり。
例年よりかなり送れています。いつもですと今頃は終盤。
私は最後の桑を収穫。夫とケイコさんもてつだってくれ4キロも採れました。
早速帰ってからブランデー入り桑ジャムをつくりました。

圃場の農業用水の蛇口。 2箇所あります。

6月30日5

カブトムシ用スモモ。実の摘果がしていませんので枝が折れてしまいました。

6月30にち4

夕菅 夕方になると咲き始めます。

6月30日1

ピンク系へメロカリス

6月30日

スクナ南瓜

6月30日2

日本南瓜

6月30日3
スポンサーサイト

畑は休憩

6月29日

今日は梅雨明けを思わせるようなすっきりした天気。でも暑い!
畑に行きたいところですが、梅ジャムの作業やキャラブキを煮る作業がありますので畑は断念。
合間に家の庭の草取りをしました。草が生えないようにリシマキアを増殖中。
庭の一部は黄緑色のリシマキアで草が生えてきません。
草抜きの手間がかからない庭に早くしたいものです。

キャラブキ
山荘の近所のOさんはとても上手にキャラブキをつっくられます。
煮てから天日にほすのだそうです。
彼女のキャラブキは絶品!煮崩れも無く、形も揃っていて云ってみれば芸術品。
お味も、噛み心地も最高。
私のはいっぱ一からげに煮てしまいますので、だいぶ落ちますけどね。
一回分づつに分けて冷凍しました。

キャラ

リシマキア
草採りに難儀しています。
このようにリシマキアが生えている所はあまり草が生えません。
これからは空き地にリシマキアを増殖させるつもり。脊も伸びませんし色も若草色でさわやかです。
リシマキア

早く庭中はびこって黄緑がリシマキア

リシマキア1

クレマチス苗

6月28日

クレマチスの挿し木の根が出ましたのでポットに植えました今年は4本挿し木して2本成功。
品種を書いて置きませんでしたので来年花を見るまで名前はわかりません。
すぐ名前を書いて置くべきでした。

発根したクレマチス
挿し木
 
ポットに植え替えました。
挿し木1



畑   大梅 2キロ  

     スモモがほんのりいろんできました

3種類のジャム

6月27日

ジャムが3種類勢揃いしました。

3種類のジャム(ヨーグルトに桑、パンにいちご、梅ジャム)

おやつ

開田の庭はフキだらけ

6月26日

久し振りに夫と開田へ行ってきました。
夫が一緒の時はコンビニおにぎりと云うわけにはいきませんので、何は無くても愛情たっぷりのおにぎりを握って持っていきました。中身は明太子、ちりめん山椒、梅なんですけどね。この超忙しい時ときですのでおにぎりだけ。
今日も忙しい、慌ただしい一日でした。
開田の庭はフキに占領されて花達が上手く育ちません。今日の目的はフキ引きです。
開田の庭に生えているフキを12キロ抜いてきました。夫が手伝ってくれましたので抜いたフキの整理が早くすみ、温泉に入ることが出来ました。
朝6時半出発夕方5時帰宅。


フキ1

知人から沢山わらびをいただきました。

フキ2

生産者直売所で森のアスパラガスと云われるシオデをゲット。味が濃くて美味。
ふき3

まいずる草があたり一面
6月1


6月2

ささゆり
>6月3

続きを読む

大梅収穫終り

6月25日

午後2時から2時間ばかり桑の実摘み
夫の友人の奥様が摘みに来られましたが、余りの暑さで一時間もしないうちに彼女は退散。
遅れてンNさんが4時ごろ到着。
先日煮たというブランデー入りの桑の実ジャムを持参。
非常に美味
私は5時に仕事がありますので4字半には畑を後に。
Nさんは一人で作業をして帰りに私共の家によってくださいました。
彼女は私に自分で摘んだ桑の実の一部を、置いていってくださる心算だったようです。その心ずかいがとてもうれしい。

その時桑ジャムにブランデーを入れて煮る方法を教えて貰いました。桑の実の一割程ブランデーを入れるそうです


お花のプレゼント こんなお花が咲くお庭みてみたいなー

花束

仲良しマリとグリ ミニダックスのマリアンと猫のグリです。いつも二匹はこうして箱の中で寝ています。

マリとぐり

梅ジャムの作り方

6月24日

梅ジャムの作り方
梅    1キロ
砂糖   7~800グラム

  1 土鍋で梅をゆっくりゆでる。(2~3回水からゆっくり茹で、汁を捨てる。)
  2 湯だった梅をネットに入れ果肉を搾る。
  3 砂糖を少しずつ加え弱火で、焦げないようにかき混ぜながら似る。 
   

梅ジャム2

茹った梅をネットで種と皮に分ける。

梅ジャム1

梅じゃむ3

6月末の庭の花

6月23日

長雨で庭の花達もお疲れ気味です。でも白万重、踊り場はよく咲いてくれます。

レディーバードジョンソン
にわ1

ヘメロカリスとおかとらのお
にわ2

ピンク系ヘメロカリス
にわ3

深紅のミニバラ
にわ4

元気なクレマチス、踊り場
にわ5

ひっそり咲くアロマ手ィカ
にわ6

咲き続ける白万重
にわ7

毎年咲くフクシャ
にわ8

鉢花
にわ9

収穫   大梅  41キロ
桑    Iさんと 夫の友人M君

あちこちから差し入れ

6月22日

今日は朝8時から夜8時まで家業の仕事で畑にはいけません。
作日は桑のみはだれもさそっていませんでしたので採っていません
きょうは夫の弟家族が行く予定。

思わぬ差し入れがありました。
ケーキとシフォンケーキです。
桑の実入りチーズケーキ。早速休憩時間に頂きました。
しっとりしておいしかったです。
けーき

家の北隣からは掘りたての馬鈴薯。

家でつくる ちりめん山椒

6月21日

ちりめん山椒を作りました。

材料  山椒の葉、山椒の実(冷凍保存を使う)
    ちりめんじゃこ
    醤油 みりん 水(好みの味で)

作り方 ちりめんじゃこ 以外のものをフライパンに入れて煮ます。
    煮立たせて山椒の香り、味が液の方に移ったら ちりめんじゃこを入れて水分がなくな    るまで、弱火で水分を飛ばします。
    
    煮あがったらバットに入れ冷蔵庫の中でもう一弾1~2,3日かけて干します。

今年はちりめんじゃこがお安いです。
じゃこ

山椒の葉と調味液を煮立たせています。    このレンジ昭和54年よりつかっています

じゃこ2

じゃこを入れて水分がなくなるまで、弱火で煮ます。 
じゃこ3
 
煮あがったらバットに移し冷蔵庫の中で更に余分な水分をとります。
じゃこ4

収穫  大梅  26キロ

梅酢の作り方

6月20日

今年の梅酢
梅酢
 
色の濃い瓶2009年製
色が少し薄い瓶2010年製
梅酢2

用意するもの

完熟大梅   3キロ
穀物酢    900mℓ×3本
氷砂糖    2キロ
8リットル瓶

梅は完熟梅を使いますので洗って水を拭き取り瓶に詰め、氷砂糖を上にのせ、酢を注ぎます。
そのまま寝かせて翌々年のものが、まろやかで美味。

利用の仕方
すし飯に、三杯酢、うすめてドリンクにします。

中の梅はお茶うけに、または梅ジャムにもなります。

桑の実 お隣のHさん夫妻が採りに行かれました。
      きささんが夕方採りに行かれました。

ビオトープ

6月19日

西側水路に平行して圃場の水はけをよくするために、コンクリートで溝が出来ています。そこを畑で出た石で5箇所ほどせきとめて、水生植物とタニシを入れビオトープにしています。
水源は各圃場に二箇所ある農業用水の蛇口から更に小分けした蛇口から少しずつ水を出しています。
干上がることもありますのでメダカ等のサカナはいれれません。

花菖蒲
ビオトープ

カラー
カラー

菖蒲
菖蒲

くわい
くわい

せり
せり

収穫  大梅  30キロ

     桑の実  Nさんが朝9時から午後6時まで3軒分の桑の実を頑張りました。

作業  いちじくのネットはずし。
     ソルダム、サンタローザの摘果

桑の実ジャムの作り方。

6月18日

今日の午後は7人の方と桑の実をもぎましたが採りきれません。まだこれからいろんでくる未熟な実がかなりありますので今年は大豊作です。

大きな実
左下に比較するため自動車のキーが置いてあります。
桑ジャム1

用意するもの
桑の実  1キログラム
砂糖   500グラム 
大梅   5~6,7個 (レモンの代わり)
作り方
桑の実を洗って、軸をとり潰す,またはミキサーにかける。
それに砂糖を合わせ弱火で煮る。その中に青梅を(好みの酸味)すり入れる。
出来上がったら必要な分だけ瓶に容れあとは冷凍保存。

出来上がったジャム
桑出来上がり

抜糸ができました。

6月17日

手の抜糸ができました。まだ完全ではありませんが2~3日もすればすっかりよくなるでしょう。 
ご心配かけましたがまた元のリズムに戻れそうです。


今日は畑はお休み。

ラッキョウ5キロ強頂きました。畑を手伝ってくだっさっているOKさんが5キロも,らっきょうを綺麗に整理して持ってきてくれました。
私も以前ラッキョウを作ったことがありますが、ラッキョウほど植えるのも、収穫すること、育つまでの草の管理が大変な野菜はありません。一度植えてみて、以来私は作ることをやめました。
こんなに綺麗に整理するのには大変な時間と労力だったことでしょう。
毎年頂けるのですが、やはり作るのが大変なので4軒分作るそうです。私もその中の一人に加えて貰ってうれしいです。

ラッキョウ5キロ 塩漬けして本漬けは19日の予定
ラッキョウ2

今日はまたびわがKさんから 届きました。
毎年頂きますので初夏のさわやかな味覚を味合せていただいています。

びわ

漬け込み  小梅 8キロ

ムルベリー2日目

6月16日

雨がきそうでしたので、急いでお昼を済ませ畑に行きました。畑に着くころもう雨が降り出し雨の中5人で桑の実を摘みました。5人で採っても採りきれません。桑は一日で色んで熟してしまいますので,採れるだけ採ってしまいたいので雨の中いっしょうけんめい、ずぶぬれになってもいできました。

桑の実
くわ3

ムルベリー(大実桑)の収穫

6月15日

昨日家業で畑仕事は出来ませんでした。桑のみが今年の出来が好く鈴なりです。友人が手伝ってくれましたが大きなきが2本と八房桑が一本。とてもとりきれません。100きんで買ったバケツに7杯採れました。

桑の実ジャムを作りたい方 連絡下さい。

収穫  小梅 6キロ
     大梅 2キロ (桑の実ジャム用)

漬け込み 小梅  11.5キロ

くわ1

くわ2

6月14日

今日は一日仕事。
先日怪我をして一週間延ばした仕事をしましたので、畑仕事はお休み。
そして月初めの友人夫妻との夜の温泉、ござらっせも先週延ばしてもらっていましたので、これから仕事を終えて行って来ます。

裏の市道に面したフェンスに絡ませた山葡萄がことしも元気に育っています。
やまぶどう

台所は梅工場

6月13日
我が家の台所は梅工場になっています。

完熟小梅
小梅しお

小梅22キロ
小梅22

収穫  小梅 14キロ  大梅 11キロ

漬け込み 小梅  22キロ   中梅 氷砂糖漬け 4キロ

西側イノシシ対策終了

6月12日

西側水路の鉄条網が張り巡らされイノシシ対策は終り。後は檻にイノシシが入ることを待つのみ。ここの所警戒して畑に入った様子無し。
完成2

完成1

イノシシが曲げた鉄棒
鉄棒
今日の作業  スモモ(ソルダム)の摘果と支柱たて
       圃場の外の、道路の除草
収穫     大梅8キロ   中梅 4キロ  小梅 32キロ
       八房桑
今日は知人と夫も手伝ってくれ、知人は八房桑の実とジャム用小梅を採られました。
私は4時まで作業をして家に帰り、お昼の残りのコンビニおにぎりで腹ごしらえをして夫の母のところへ。
姑は次から次へと私にしゃべりずめ、一時間しっかりおしゃべりに付き合いました。その後夫の弟のところへ梅を届けに。ここでもまた一時間おしゃべり。私は畑の作業の後でしたのでお茶を何杯もお代わり。家に帰ってきましたら8時半。夫は先日差し入れの沢山の、お魚の 鯖煮でイッパイやりながら心配して待っててくれました。
   

二階ねぎその後

6月11日

6月9日の小ねぎ
6月9日
6月11日 親ねぎ(後方プランター) と  子ねぎ(有機石灰をまく)
6月11日

知人に差し上げるつもりの小ねぎでしたが一週間後にしか会えないのでこれも私が植えることに。

苗

助っ人惣菜

6月10日
有刺鉄線が3段張られました。
さく4

倉庫の中
鉄条網

収穫         大梅  5キロ  中梅  10キロ  小梅 6キロ

カラスビと岩魚の甘露煮 夫のイトコから届きました。友人達からも、サカナ、うなぎ、肉じゃが刺身、と毎日差し入れ、嬉しい限り。
カラスビと岩魚甘露煮

イノシシ対策

6月9日

水路西側のイノシシ避けの工事が始まりました。
一間ごとに鉄柵を打って鉄条網をはりめぐらします。

さく2

さく1

さく3

収穫 大梅 5キロ   中梅 10キロ  小梅 15キロ

朝食は夫が

6月8日

今日の朝食は夫がつくりました

彩りよく美味しそうに盛り付けねばとベーコン炒めとピーマン玉ねぎ、キャベツを炒めお皿に盛り付け。
味噌汁は私。小鉢はちりめん山椒。

朝食

大梅の氷砂糖漬け
5キロの未熟な梅を洗い
うめ1

沢山の塩で梅に擂り込み2時間以上放置
うめ2

塩を洗い、水を切り梅割り器でつぶす。
うめ3

中の種を取ります。
うめ4

氷砂糖4キロを交互に入れ上に沢山のせ軽く重し。
うめ5

収穫  中梅   7キロ
    小梅   7キロ
作業  スモモ  3回目の摘果

傷は順調に回復

6月7日

今日の午後は本来ならば、家業の予定でしたが、私の右手が不自由ですので、午後予定していた仕事を一週間延期して梅採りに行くことになりました。
イノシシはやはり、檻に入った形跡がありません。警戒しているのでしょうか。

ところが夜の仕事の後、緊急の仕事が入り、こちらは猶予ありませんので決行。痛みを忘れて無事終了。

怪我をした後すぐ抗生剤を飲んでおいたので傷は順調に回復しています。

いちごジャムでお茶
いちごジャムパン

今日の収穫   大梅  12キロ
          小梅   9 キロ

餌ずけ

6月6日
夫は昨日のことで責任を感じ
夫は毎日マッサージに接骨院に通っていますがそれも休み、午後の弓の稽古もキャンセルして私の梅の収穫を午後手伝ってくれました。
収穫   小梅   5,8キロ
     大梅   14キロ
梅は毎日熟度が変わります。天気が良ければすぐ熟れてしまいます。
昨日の怪我での4時間のロスは私にとって大変大きいです。
どこが具合が悪くてもいけませんが百姓にとって植物は生きていますので、一刻一刻がたいせつです。例年ですとここ10日ばかりは朝4時半起き、8時まで畑。帰って来て朝食。そして9時から家業。
そして昼食後、 午後梅採り。
夕方5時から家業。
夜は自分の梅の処理。
座れば居眠りがでます。

西側水路のネットを外しました。
ネットはずし

餌ずけのヌカ
えさ

イノシシ檻は扱い注意

6月5日

イノシシ檻を設置したのと西側に鉄グイを打ち鉄条網をはりめぐらしますので、午前中は西側のネットを外す作業
をしました。


午後は家の仕事を終えた夫も合流して梅採り作業をしていますと
昨日檻の設置を手伝って下さったkさんがおりの様子と梅採りにこられました。

檻の仕組みを説明し檻を動作させ、夫が仕掛けの微調整をしくじり、檻の扉がイノシシがかかった状態になり私の両手に重さが加わりわたしの両手がおりとおりの間に挟まってしまいました。
一瞬手が折れたー!と顔が青ざめましたが、痛みはあるものの左の指は動きます。右手はしびれていましたが、こちらも指は動きました。ただ右手の,手のひらからだらだらと出血。
これは擦り傷ではない!と直感。すぐ右手を握り締めましたのでじきに止血しました。幾らも梅が採れはませんでしたが早仕舞いをして帰ってきました。
家で傷を洗い消毒して傷を見ましたら中指と薬指の間から手の平にかけて切れていましたので病院で縫合してもらいました。
危険な檻は専門家に任せる べきですね。
傷もたいしたことなく、他の人でなく私でよかったです。

八房桑がいろみだしました。

八房桑アップ

今日の収穫  小梅   10キロ
       大梅    3キロ


小梅採り第2日

6月4日

午後から6時まで友人たちと小梅を採りました。以前生り年ですと一本の木で30キロほど収穫出来ましたが今年は一本の木でせいぜい10キロ。今日は全部併せて40キロ。
剪定をしながらの収穫でしたので効率はよくありません。

今日はイノシシの捕獲オリの設置もしました。明日免許を持った地区の猟友会の方が仕掛けをして頂けるようです。

イノシシ オリ
イノシシオリ

作業   スモモと桑の消毒

小梅収穫開始

6月3日

雨がようやくあがりましたので畑の様子を見ながら午後、小梅採りをしました。一人で3時間半かけて15キロほど採れました。
例年より生りはかなりわるいですが、なんといっても木の本数がかなりありますので沢山採れます。

小梅収穫開始

お茶のお稽古

6月2日

今日はお茶のお稽古日です。天気がいいとお稽古は延期となりますが丁度、幸い雨ですので午後はお稽古が出来ました。

お昼のメニューは ふわふわ玉子のオムライスとサラダと南瓜スープ

玉子の上は完熟トマトをソテーしてかけます。
サラダにはカリカリベーコンを載せて、、
南瓜スープは昨年冷凍したものにコンソメでお味を調えミキサーでじゃじゃジャーン。
   スープ碗にサラダを入れましたので南瓜スープはコーヒーカップに入れました。
オムライス

掛け物と花 
掛け物  ほたるの色紙
篭     桂篭 (桂篭は12月の討ち入りの頃に使われることもある)
掛け物と花


白ホタル袋、ほたる袋、おかとらのお、どくだみ、クレマチスリトルボーイ
はな

お菓子
菓子器 陶器の高杯
菓 子 西王母(青梅)
青梅

はじめ

なかじまい
なかじまい








草ボタンの実生

6月1日

雨が降り続いて畑も外仕事も出来ません。
今日の午後は草ボタンの苗を植え替え作業をしました。このように沢山なえが植えれました。
草ボタンは開田の庭に咲いていた種からこんなに増えました。大きくして開田にもっていくつもりです。

草ぼたん苗
草ボタン苗

植え替え
植え替え

プロフィール

恵美ちゃんばーちゃん

Author:恵美ちゃんばーちゃん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR