すんきの漬け方

10月31日

すんきを漬けました.
洗った蕪を2センチ程の長さに切り、蕪も適当な大きさに切ります。
スン
大鍋にお湯を沸かせ、(沸騰直前の温度)切った蕪菜をいれ、湯に5-10秒くぐらせます。
その時私は火を止めます。
スンキ1
お湯をくぐらせた蕪菜に昨年作って冷凍しておいたスンキを入れます。お湯で70度ほどになっている蕪菜の温度が下がります。
スンキ2
すんきの種が湯とうしたカブに満遍なくいきわたらせます。
スンキ3
緑色は今年のかぶ、色が茶色は種のすんき。
スンキ4
全部湯通ししましたら、種(前年のスンキ)がマンベンなく混ざるように、ふくって天地返しをします。そしてビニールの袋を綴じ空気を出します。
温度が50度前後に保たれるように風呂場の床暖のところに、桶にビニールを被せ、毛布で包み醗酵を待ちます。
出来、不出来は24時間後にわかります。
スポンサーサイト

紅葉狩り

10月30日
スタッフと紅葉狩りに行ってきました。雨がぱらつき生憎の天気でした。開田のやまゆり温泉に入り、食堂でイワナ丼を食しました。
三岳の紅葉
10月31日

10月31日1
スタッフが温泉に入っている間に落葉を燃やし
10月31日2
紅万作は落葉しはじめ、、、
10月31日5
野紺菊もそろそろ終り、、、
10月31日4
原種シクラメンのヘディリフォリウムも花の盛りは過ぎようとしています。
10月31日6
2週間前に植えた孔雀アスターがまだ元気でした。
10月31日7

下界の庭で鉢植えにしていた白いカラーを開田の庭に植え、アスチルベも植えてきました。

草刈終了

10月28日

4700ヘーべの畑を夫が8日間かけて草刈をしてくれましたが、イノシシに荒らされた畑の草刈に閉口し、あとをバトンタッチしてくれる後継者がいない私達には、「いよいよ考え時だなー」と、、、しみじみ申します。

10月27日4

宅急便6軒発送。
私共夫婦がお世話になった方達に送りました。
私達が本業を始める時、共通の友人達にお金を貸していただいて開業いたしました。昭和45年のことです。
よくもまあ、こんな私達に出資してくれたものです。
すぐにお金はお返しいたしましたが、その恩義はずっと忘れません。
いろんな方々のお蔭と思っています。

写真を写したのは夫

10月27日
今日の写真は夫がとりました。私のチマチマした画像と違います。
10月27日
私がえっちら、おっちら高枝鋏で柿を採っています。
10月27日2

10月27日3
富士柿が木で熟しました。
10月27日5

いつもの日常

10月25日

私は4日ぶりの畑。またいつもの日常が戻ってきました。公共の宿しか泊まった事がありませんでしたが、土とふれあう生活に戻りました。

高所の枝が実が大きくなって、重みで垂れてきました。
10月25日3
夫は先週より草刈。あと一息になりました。
10月25日
イノシシの檻の中に南瓜、馬鈴薯、柿を入れて置きますと
10月25日1
柿だけ外に運び出され
10月25日2

横浜に行ってきました

10月24日
昨年、神戸であった同期会が今年は横浜に参集して22日、23日行ってきました。折角のお出かけですので、夫の従妹に逢ったり、お見舞いに行ったり、濃密な2日間でした。
夫の従妹がランドマークタワー70階の展望レストラン、シリウスでお茶をご馳走してくださいました。

10月22日
私はモンブランを
10月22日5
眼下に横浜球場を見ながら
10月22日1
赤レンガの倉庫と豪華客船
10月22日2
ベイブリッジ、そして目線に雲が流れ
10月22日3
宿泊予定のホテルを眼下に見て至福のひと時でした。美恵子さんどうも有難う御座いました。
10月22日8
23日山下公園
10月22日6
中華街で980円のランチを3人分注文。6人でいただきました。そして、お土産は崎陽軒のシュウマイ。
10月22日7
皆と昼食のあと横浜の夫の同業者のお宅へ。
夕方6時には帰宅。気持ちよく旅にだしてくれた夫にお礼を云いながら、シュウマイで食卓を囲むことができました。

甘百目柿

10月20日

10月17日はパソコン教室、18,19,20日午後夫は畑の草刈、私は百目柿の収穫。
お日さまにあたるということは、とても疲れます。

甘百目柿を先日差し上げた方から電話がありました。
皮を剥いたのだがゴマがない、と、、渋柿と勘違いされました。
甘百目柿は硬いのが身上です。私は少し色みかけたころの若い柿が好きです。シャリシャリ感がいいですね。

甘百匁柿と云うだけあって300~400グラムありますが、今年はなり過ぎで小粒です。
今日の昼食
柿ときゅうりの塩昆布和え
10月20日
厚揚げ人参,しみ豆腐、椎茸の冷凍、かしわの煮物
10月20日1
それに塩シャケ。
塩シャケはほんの少し仲良くつついていただきました。
年寄りはこれで充分おおごちそうなのです。

開田の庭に彼岸花

10月16日

夫は近隣の町民大会の弓道大会にでかけ、お弁当を所望されましたので、栗ご飯を炊き、おかずは、エビフライ、南瓜サラダ、かしわと蒟蒻、根菜の煮物、ウコギのおひたし、野菜の味噌漬けでお弁当を作りました。

私は昨年から関わっている熊もり協会のどんぐり集めを皆さんにお願いしていました処、どんぐり、山栗,栃の実が沢山集まりました。
ところが今年は山では、樹の実が豊作で熊が里におりてこないのであまり必要がない とのことで、折角皆さんに協力していただいたので、無駄にすることも出来ませんので、山まで私が運ぶことにしました。
やたらな所に置いて来ることもできず,人間が入れない山中の崖から投げ入れてきました。
(昨年はそういえば私の畑の柿も全滅でした。)

開田の庭に咲いた彼岸花
10年ほど前に彼岸花の球根をうえましたが冬は雪に埋もれて、葉は夏出てきていました。
毎年そんな状態でしたが、こんな時期に、ひはひはした花が咲いていました。

開田の彼岸花
蔓人参(バーソブ)の種
10月16日
蔓人参の種を春種を播きますと、上手くいけばその年に花が咲きます。

10月16日

栗の下ごしらえ

10月14日
栗が年々実らなくなり、今年はどなたにも、収穫のお誘いが出来ませんでした。その栗を夫が仕事の合間に剥いてくれました。
このむき栗を一年間冷凍しておきます。
栗
渋皮煮
弱火で水から毎回煮汁を取り替えながら、沸騰直前マデ煮ること3回。4回目に好みの味にして煮含める。
栗2

生芋こんにゃく

10月13日

夫の弓の師匠から生芋蒟蒻をいただきました。師匠は蒟蒻を栽培していても、蒟蒻に作ったことがないそうで、私のところに、コンニャクイモが回ってきました。畑にここの所毎日行っていましたので、なかなか蒟蒻を造る気になれずにいましたが、夜なべ仕事で「エイ、ヤー」と気合を入れて造ることにしました。

先ず、生芋を洗い大まかに切って茹でます。
次に、茹で上がった芋の皮を剥きます。この芋をミキサーに(500グラムの芋に対し)1,75リットルのぬるま湯で回します。
10月13日
40分寝かせます。
10月13日1

40分寝かせてからよく捏ねます。(10分間)私は手の皮が厚いのかかぶれませんが、ゴム手袋着用をお勧めします。
よく練れたら、ここに生石灰5グラム(芋500グラムに対して)を100ccのぬるま湯に溶かしたものを全体に混ぜ手早く、捏ね合わせます。
10月13日2
型に流しいれます
10月13日5
型から取り出し
10月13日6
適当な大きさに切り分け、40分ほど茹で、茹で汁と共に保存
10月13日7
1キロの芋で8枚の蒟蒻が出来ました。

開田の野菜

10月11日

昨日の午前中は時間が空いていましたので、開田で買ってきた野菜の始末をしました。
大根はピーラーでかわを剥き厚切りにしてフロフキに。尻尾の方はイチョウ切りにして人参と共に豚汁用に白煮。それらを一回分ずつに分けて冷凍。

今日の昼ご飯 
 栗ご飯  ねぎと若芽の味噌汁 厚焼き玉子とフロフキ、大根葉の炒め煮そして

10月11日

開田の馬鈴薯と人参サラダ
10月11日1

家で採れた茗荷の味噌漬け   とても美味なんです

10月11日2

夕ご飯  
プランターのニラ半分を切り豚ミンチ200グラムで
10月11日3

餃子26個出来上がり。残った餃子のアンは若芽と溶き卵でスープに
10月11日7

お見合い

10月10日

私の家でお見合いをしました。
お嬢さんは、25~6年前から私共のところへ来てくださっている方のお嬢さんですがもう適齢期で、先日ご両親と共に見えた折に、「どなたかご縁があrませんかねえ、、、」ということで、私の友人の息子さんを紹介したのです。
日本茶に和菓子では間が持たないので、紅茶とケーキにいたしました。
私の好きなべりーベリータルトですと食べにくいので、ムースにしました。

ハロウィン模様の陶器の容器にムースが入っていました。シュガー容れに利用
10月10日

開田の庭

10月9日

夫が1年半ぶりで開田口より御岳山に登るというので、運転手をしてきました。

みせばや
10月9日
あいしめじ
10月9日1
あいしめじ
10月9日2
へディリフォリウム
10月9日3
蔓りんどう
10月9日4

10月9日5
開田のお土産は大根、人参、ねぎ、ジャガイモ 。一袋百円で1500円購入。2,5倍ほどの値打ちがあります。

炉開き

10月8日

炉開きが咲き始めました11月の炉開きには花が終わっています。
10月8日

10月8日1
最期の白彼岸花
10月8日3
黄色のオーレアまだまだつぼみがあちこちから出てきています。
10月8日2
12月まで咲きつズけるオキザリス
10月8日4
メキシカンセージ
10月8日5
西洋フジバカマ
10月8日7
セージ
10月8日6

お茶の花


10月7日


柿を採りに午後、畑にいきました。土手に植えてあるお茶の花がきれいに咲いていました。
10月7日

中おき 

10月6日
お昼のメニューはアジフライ
10月6日
ひりょうずと野菜の煮物
10月6日1
香の物、にょうが、生姜の味噌ズけ
10月6日2
栗ご飯とすんきの味噌汁
10月6日3
掛け物,金波
10月6日4
桂篭に紅白水引と白まんじゅしゃげ(まんじゅしゃげの赤は禁花?)
10月6日5
風炉を中置
10月6日6
菓子器、河本礫亭作祥瑞手付き  菓子 玉菊
10月6日7


10月の風炉は中置きにして、寒さを感じる季節ですので、お火のぬくもりがお客様に届くように配慮。それでいつものように、水差しが置けませんので、水差しは風炉の左手に少し斜めに置きます。茶碗と茶器は右、畳三分の一の位置におき合わせます。

ござらっせ

10月4日

孫の
負荷試験は、発赤がでたので今日は終了。
娘からの連絡ではないので、気だけもめますが、私共には何の手助けも出来ませんので、ただ連絡を待つのみ。

よる恒例のお食事と温泉。
同業者のご主人の、射合い道の4段昇格のお祝いをしました。

食物負荷試験

10月3日

長女のところの孫が今日から食物負荷試験の為入院。
どんな経過なのか神様に祈るのみ。
うまく、のりきってくれますように。

柿収穫開始

10月2日

柿の収穫をしました。禅寺丸、松本早生、甘百目。
落葉病にかかっていますが、実が落ちることなく食べられそうです。

孫の運動会

10月1日

おとはちゃんの運動会に行ってきました。
昨夜の雨もあがって上々のお天気。運動会日和でした。
運動場が狭く、児童の数も多く、孫の写真も採りにくく大変でしたが、お遊戯や、かけっこ、玉いれと元気に頑張っていました。 

10月1日

10月1日1
玉いれ
10月1日2
お稲荷さんを私が作って行きました。
10月1日3
プロフィール

恵美ちゃんばーちゃん

Author:恵美ちゃんばーちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR